リモート管理コンソール

リモート管理コンソールを使うとサーバー以外のマシンからデータの表示などの一部の操作を行う事ができます。

リモート管理コンソール実行ファイルを作成するにはコンソールでエージェント作成ボタンをクリックしてください。


エージェント作成ボタンをクリックすると次のダイアログが表示されるので、[リモートコンソール]を選んで作成ボタンを押してください。


作成ボタンをクリックするとデスクトップに次のようなファイル(リモート管理コンソール実行ファイル)が作成されます。このファイルを他のマシンにコピーして実行してください。

※リモート管理コンソールを使用するマシンには.NET Frameworkが必要です。
※ファイル名にはデータベースData1のパスワードが含まれますのでリモート管理コンソール実行ファイルの管理には注意してください。


戻る